マエカワの備忘録的な何か

思い立ったが吉日

ソフトウェア工学 其の五 20171116

AIのテスト

 AIのテストはいったいどうやって行うのか。どのようなAIが良いAIなのか。よく聞くのが、AIとチャットして、違和感がなければ(人間と区別がつかなければ)合格という「チューリングテスト」。そのほかに、「AIをだます」というテスト方式があるそうだ。だまされず、適切な判断をしたAIが良いAIとなる。

大学の先生について

 質問すれば、どんどん知識が出てくる。最先端の技術を持っているのは誰なのか。その筆頭候補には「大学教授」が必ずいる。企業でさえ、高額なお金を払い教授に助言を求めるくらいだ。そういわれるのも納得だろう。大学は研究機関なのだ。

ブラック化の原因

 しょっちゅう出てくる「ブラック企業」のお話。その発生原因は、

  1. 技術がない人を雇う
  2. 努力で人を評価する

の二つにあるという(もちろんそのほかの要因もあるけど)。
 また、日本の労働基準法は基本的に労働者にやさしい。なので、一度雇ってしまうとなかなかクビにできない。それでは企業にとって都合が悪いので、派遣社員を雇う。その結果として、転職本位の労働スタイルになっていく。
 そんな日本も、これからホワイト化していくという。そのため、これまで通用していた「努力本位」の評価システムは鳴りを潜めるかもしれない。新卒の能力が重要視されるということだ。

転職

 前小節にも書いた通り、これから転職本位のワークスタイルになってくる。つまり、勤めていた会社の肩書だけでは転職できない時代がやってくるということだ。会社名は関係なく、その会社でどのような成果を上げたのか。これが評価される。もっと直接的に書くと、「自分に価値がないと転職できない」時代がやってくる。また、この流れに伴って、転職市場はより活発になり、転職基準もより厳しくなってくるという。
 東洋経済オンラインにこんな記事があったのでリンクを貼っておく(http://toyokeizai.net/articles/-/153053)。これからは転職しないことがリスクになる。「今いる職場環境・上司」と「時代の流れ」のギャップを敏感に感じ取り、より自分のやりたいことに近い、人間らしい職場に行ってスキルアップしろよということが書かれている。

メキシコのプロレス

 先生が出張で行ってきたメキシコについてのお話。日本でいうプロレスのような競技「ルチャリブレ」なるものがメキシコにあるらしい。この競技、いい奴と悪い奴が明確に分かれており、観客全員で悪者をぼこぼこにするのだという。国民のストレス発散の道具として愛されている。某国との境界に壁を築くとか何とかの国際問題もこのルチャリブレには反映されている。
 詳しい画像や動画などはないが、多分「世界の果てまでイッテQ」でイモトが体験していたと思う。放送内容が描かれた公式ページへのリンクを貼っておく(http://www.ntv.co.jp/q/oa/20150517/01.html)。動画とかは各自YouTubeで検索してください。非公式なのがゴロゴロ出てきます。
 ルチャリブレのほかにも、料理の話が出てきた。なんでもタコスの味がするらしい。あと、キュウリがまずい。水はやばい。海外に行くとき、水には注意したい。水道が日本みたいに整備されているわけではないので、基本ミネラルウォーター。お冷が無料で出てくるのは世界的にも珍しいのだ。

動かないコンピュータ

 日経コンピュータのコラムのこと。その名の通り、何らかのトラブルで動かなくなってしまったインフラや通信システムについて書いているコラムだ。例えば

  • バグって動かない
  • システムはできたけど役には立たない

など。ITproプレミアム マイページにどんなことについて書かれているのかがまとめられているので、参考に。本文は有料会員のみ閲覧可能になっている。読みたい方は、有料会員になるか、各書店で読んでください。そんで是非ご購入を(一書店員からの願い)。

ここから本編

差別化

 B2Cの場合、顧客を同業他社にとられないためにも、「差別化」が必要になる。普通は、いかにして他との違いを出すのかを考えるところだが、その前にやらなければいけないことがある。それは、「差別化されていないもの」を探す。つまり、コモディティになっているものはどこなのかを分析していくということだ。同じところを知らずして、違いなど出せない。

ブランド化

 ここからは、差別化の一つの方法である「ブランド化」・「ブランディング」について書いていく。これは、

  • シンボルと結びついた資産
  • 顧客との間の絆

のような表現がしばしばされる。しかし、具体的にはブランディングすることによって何が付加されるのか。それは、以下に挙げる3つの価値だという。

機能的価値

 文字通り、提供する商品の機能にどれだけの価値があるかだ。しかし、これだけでは、他との差別化ができない。ほかの連中もマネできてしまうからだ。

情緒的価値

 ざっくりいうと、どれだけ顧客を満足させることができるか。例えば、「この商品は安全である」などということ。若干機能的価値と似ているところがあるかもしれないが、情緒的価値は、「その機能によって生み出されるもの」という立場にある。機能的価値の少し上位に位置する概念だ。

自己表現的価値

 これが最も難しい。ブランドが「誇り」になるパターンだ。講義で出てきたのは、「ボルボに乗る私は堅実だ」というフレーズ。実際堅実であるかどうかは関係なく、ボルボの自動車に乗っているそのことが「堅実さ」を表している。ブランドがその人のイメージさえも形作るのだ。これは、長い間行ってきたマーケティング戦略の賜物だ。

信頼と期待

 信頼と期待がブランドの力を高める。信頼感の喪失はアンチにつながり、期待を下回ることで信頼感は喪失する。

経験価値

 講義で build a bear workshop*1 というテディベアの専門店の話が出てきた。この店では、ただ単にテディベアを買うのではなく

  1. クマを選ぶ
  2. 服を選ぶ
  3. 靴を選ぶ
  4. アクセサリーを選ぶ
  5. 心臓を入れる
  6. ブラッシングする
  7. 出生届を発行する
  8. 家をかたどった箱に入れられる

など、実に様々な工程を経てはじめて自分の手元に来る。これだけの工程を踏めば、子供にとってテディベアは「ただのテディベア」ではなく「友達」になるといった魂胆だ。このような価値を「経験価値」と呼ぶ。
 ほかにも、経験価値の例はある。非日常感を提供する旅館では、顧客を日常に戻さないためにゴミ箱のビニールを見せないようにしている(もちろんそうでないところもあります)。これは、非日常感を経験してもらうことが目的である旅館だからしていることで、いい旅館はこういうところに気を配っているらしい。

フォーマット・ホルダー

 文字通り、フォーマットを保持している会社のこと。前の講義でも出てきたVHSはビデオのフォーマットを保持していた。他にも、 Microsoft office は、言わずと知れたフォーマット・ホルダーだ。
 一度フォーマットの実権を握ってしまえば、ネットワーク外部性からもその力がひっくり返りにくい。強力な企業になる。みんなが使っているものをユーザーは安心して使いたがるのだから。
 また、技術力の高さはあまり関係ない。どれだけの人が使っているのかがフォーマットにおいてきわめて重要になる。

IoT

 この話が出てきたときに、「日本企業はオープンイノベーションが苦手」という話がされた。自社の技術を外部に漏らしたくないのもわかるが、今の時代には合わないらしい。
 さて、ここでは「ミシン」の話がされた。ミシンをどのようにして IoT とつなげていくのか。以下のような展開だった。

  • いろいろな縫い方を使いたい
  • 絵を縫いたい→複数パターンの絵を保存しておく
  • 自分で描いた絵を縫いたい→スキャナーで読み取り
  • 他の人が描いた絵も縫いたい→クラウド上にアップロード
  • ランキング形式→上位者にはサービスを
  • 他のサービスと連携→オープンイノベーション

こんな感じ。ざっくりとだが、どんなものでもIoTに繋げることができるという。*2


*1:この店では、テディベアではなく、テディベアに着させる服で利益を出している。テディベアは、勝っても2,3個だろう。このような「テディベア」と「服・アクセサリー」の関係において、テディベアのほうを「プラットフォーム」と呼ぶ。剃刀の刃と柄の関係もこれに当たり、柄の部分がプラットフォームだ。

*2:ただ、個人的な感想として、「サービス・優遇・景品」ここで一気にアナログな方向に下がってしまうとその先がつらいなと。もう少し仮想空間上にサービスを展開していって、徐々にアナログな方向にフェーズを落としていくのが理想形なのではないかなと考える。デジタル化でどこまでも行けるわけではなく、ある地点で臨界点。その先はアナログ方向に戻りつつ、ユラユラしとくのが安定なのかなと思う。どっちにせよ、そのうち「原点回帰」とか言ってアナログ方向に傾くかもしれない。

カウントダウンジャパンフェス(CDJ 1718) 0日目レポート

 ついにやってきました。カウントダウンジャパンフェス(CDJ 1718)。
 去年は3日目のみの参戦だったのですが、今年は全日参加。前日入りしました。そのため、タイトルも「0日目」となっております。簡単なレポート、日記みたいなものなので、皆様お気楽にご覧下さい。

イオンモールに行った

 前日入りしてまず最初にやったこと。それは食料の確保。おそらくフェス開催期間は鬼のような混雑になると予想される幕張メッセ近辺のコンビニ。そのため、前日入りをした特権を活かして、近くのイオンモールへ。カップ麺などを買ってホテルの部屋に置くなどしました。くそ寒かった。
 結局、そのカップ麺はその日のうちに無くなろうとしていました。悲しきかな。食いすぎなんだよなあ。

温泉に入った

 泊まったのは、アパホテル幕張メッセ近くにあるガラス張りの建物です。ロッキンオンの開催時からこの全日参加は決定していたので、部屋は取りやすかったです(取ったのは自分じゃありませんが…)。
 温泉があって入ってきました。露天風呂という感じになっているんですが、かなりの寒さ。風邪をひかないように注意したいものです。

VGA接続でホテルのモニタで映画を見たり

 アパホテルの部屋に備え付けてあるモニタにはVGAHDMI端子がついています。このため、自分で持ってきたPCをつないでTUTAYAで借りてきたDVDを見たりすることができます。YouTube見たりね。これで要塞の出来上がりです。結構快適に過ごせています。

 と、今回はこの辺で。明日から1日目が始まります。自分は12:00から始まるamazarashiのステージに行こうと思っていますので、よろしくお願いいたします。明日楽しみ。寝るとします。
 ここまで読んでくださった方に感謝を。

マエカワ

認知工学 其の六 20171108

あいまいさについて

 言葉の中には同音異義語や多義語、同形異義語など様々ある。このような複数の意味をどう処理するのかがネック。代表的な処理モデルは以下の通り。

  • 逐次処理モデル:使用頻度によって優先度が変わる
  • 文脈依存処理モデル:文脈に合うもののみを選択する
  • 並列処理モデル:複数の意味を同時に処理、その後文脈に合うものを選択

現在は並列処理モデルが支持されている
 また、文脈にかかわらず、多義語は非多義語に対して反応時間が長いことが分かっている。これは人間は最初、並列処理モデルを使っていることの証拠になる(複数の意味を最初に処理しているから時間が長い)。

クロスモーダルプライミング

 音と文字によってプライミング効果を測定する方法。音声がprimeで単語がtargetの例が紹介された。多義語が聞こえた直後は度の意味も活性化するが、200msくらいたつと、文脈に関係のない意味が抑制されることが分かっている。

 研究を進めていくと、大元は並列処理モデルだが、それでも「意味」「頻度」「文脈」によってアクセスされやすい言葉が変わっていく。これには二つのモデルがある。

  • reordered access model:文脈が支持する意味にアクセスしやすくなるモデル。
  • autonomous access model:頻度に応じてアクセスのしやすさが決まる。

 reordered access modelには注意しないといけない点がある。それは、意味によって頻度が同じ場合(balanced)と異なる場合(unbalanced)があるということ。同じ場合は、文脈が指定している意味が活性化。違う場合、文脈が低頻度の意味を指定すると複数の意味に同時にアクセスされる。
 ここからもわかる通り、アクセス時間と頻度は切っても切れない関係になっている。

ニューラルネットワーク

 最近、言語認知の分野に用いられるようになってきた。その理由は

  • 特徴表現ベクトルの扱いにたけている
  • 意味表現が創発される
  • 人間の言語獲得と類似している

など。
 そもそも、ニューラルネットワークとは、ユニットとリンクで形成されていて、各ユニットには活性度が、リンクには重みが設定されている。リンクを通ることで、ユニットの活性度がほかのユニットに伝播していく(活性拡散・伝播)。
 特徴としては、

  • 分散表現ができる
  • 誤差逆伝播法による認知能力の獲得
  • コネクショニストモデル:人間の認知機能のモデルとして用いるときのニューラルネットワークの特別な呼び方
  • ネットワークタイプ:階層型と、相互結合型がある

階層型ネットワーク

 現在はこの階層ネットワークが主流なので、これについての説明。次のようなネットワークを考えていくとします。ただし、 \displaystyle k-1層のユニット数は \displaystyle m個とする。

f:id:maekawa_yoshimiki_1119:20171201200958j:plain:h200

数理
  •  \displaystyle z_i^k \displaystyle k \displaystyle i番目のユニットの活性度を表す
  •  \displaystyle w_{j,i}^{k-1,k} \displaystyle k-1 \displaystyle j番目のユニットから \displaystyle k \displaystyle i番目のユニットへの重み
  •  \displaystyle a_i^k \displaystyle k \displaystyle i番目のユニットの出力
  •  \displaystyle f, \displaystyle f_o:活性度関数
  •  \displaystyle b_i^k \displaystyle k \displaystyle i番目のユニットのバイアス

このような条件で、

 \displaystyle z_i^k=\sum_j w_{j,i}^{k-1,k} a_j^{k-1}+b_i^k

 \displaystyle a_i^k=f(z_i^k)

が成立している。

活性度関数の例

 各ユニットの出力を決定する活性度関数にはいろいろ種類がある。

  • 閾値関数:初期に使われていた
  • 区分線形関数
  • シグモイド関数:現在のスタンダード
  • 双曲線正接関数
  • 正規化線形関数:最近使われ始めている
  • ソフトマックス関数:出力層に使われることが多い
ソフトマックス関数

 \displaystyle \frac{\exp z_i^m}{\sum_j \exp z_j^m}

で求められる関数。全ての出力の総和が1になり、確率分布を与えるようになっているので、出力層で用いられることが多い。

結合の重みの決め方-パーセプトロン学習則-

 そもそもニューラルネットでは、入力に対応した出力を出せるようなユニット間の重みづけを探索している。この探索が終了したことをもって「学習した」と表現している。この方法の基本は「出力層の値と真の出力の誤差」を小さくする方向に重みづけを変更していくこと。ここでは、一番初歩的な、パーセプトロン学習則による、重みづけの決定方法について書いていく。基本式は

 \displaystyle \Delta w_{i,j}^{k-1,k}=\alpha (y_j-a_j^k)a_i^{k-1}

 この値を各ユニット間の重みに足していくことで、精度を上げていく。 \displaystyle \alphaは学習係数と呼ばれ、学習の精度に関係してくる数で、 \displaystyle y_jは実際に得ようとしている出力データ(教師データ)の \displaystyle j番目の値を表している。目標となる \displaystyle \vec{y}がなければならないので、2層以上のネットワークでは適用できない。3層以上のネットワークで使う場合は、入力層、隠れ層の重みを固定値にしなければならない。
 このような背景から、多層ニューラルネットの各ユニット間の重みづけを探索できる誤差逆伝播が誕生した。

 \displaystyle

認知工学 其の五 20171101

単語認知

単語へのアクセス時間

 単語へのアクセス時間は人によって異なる。この違いはどこから来るのだろうか。答えは、これまでの成長の中で培ってきた「心的辞書」の内容だ。この内容や構造が違うので、単語へのアクセス時間が違ってくる。この時間を実験によって計測していく。

実験方法

 計測する内容が反応時間の場合、その手法は大きく3つある。

  • 語彙判断:単語かどうかを判断するまでの時間
  • 音読・ネーミング:単語を読む、または読み始めるまでの時間
  • 意味分類:単語間の正誤を判定するまでの時間

ここで注意したいのは、すべて「~までの時間」であること。判断した後まで計測内容に含めてしまうと、個人能力の差が出てきてしまうからだ(音読なんかはその傾向が強い)。反応時間は、大体800msくらいだという。1sはかからない。
 このほかに、眼球運動を観察する実験もある。
 この時間に影響を与える要因を分析することで、心的辞書の構造を探る研究がなされている。次はその要因について。

影響要因
  1. 頻度:高いほど、反応時間が短くなる。
  2. 習得年齢:早いほど、反応時間が短くなる
  3. 単語長:短いほど、反応時間が短くなる
  4. 隣接後のサイズ:スペルが似ている単語が多いほど、反応時間が短くなる
  5. 意味特徴量:多いほど、反応時間が短くなる

ざっとこんな感じ。1.と2.の相関は大きいので、どちらの影響がより大きいのかが研究されている。また、4.の要因は頻度の低い単語について有意

ライミング

 単語間の関係を測定する方法として、ライミングがある。これは、targetとなる単語の前にprimeと呼ばれる単語を見せることで、targetの反応時間にどのように影響があるのかを調べる方法。一般に、targetと関係のある単語をprimeとして見せておくと、targetの反応時間は短くなる。逆の場合は同じ、又は長くなる。

閾下プライミング(subliminal priming)

 意識させないような(極端に短い)primeの提示でも、プライミング効果が生じる。

繰り返しプライミング

 primeとしてtargetを設定する。この場合、低頻度の単語であるほど効果があり、プライミング効果の持続時間も長い

語形に基づくプライミング

 targetのスペルに似ているprimeを提示する。この場合の効果は不安定

意味プライミング

 似ている意味の単語をprimeに設定。これは効果が高い

ライミングのメカニズム

 これは「自動処理」と「意識的処理」に分類される。

自動処理

 例えば、赤い色で書かれた「GREEN」という文字を見た時、意味情報と色情報が干渉して、(言葉の意味を答える)反応時間が遅くなってしまう(Stroop効果)。これは、自分で意識せずに意味情報にアクセスしているということ。

f:id:maekawa_yoshimiki_1119:20171201174907p:plain

意識的処理

 あらかじめprimeとtargetを知った状態でテストをすると、意識的処理が発生する。しかし、primeの表示時間によってその振る舞いに差がある。

  • primeの表示時間が短い場合:持っている知識とは関係なく、プライミング効果が起こる(自動処理)
  • primeの表示時間が長い場合:持っている知識と対応する関係だと「促進のプライミング」が、違う対応だったならば「抑制のプライミング」がかかる
連想関係と意味関係

 具体例を挙げると、「doctor - nurse」は連想関係、「bread - cakeは意味関係に当たる。

  • 連想関係にある単語どうしは、ほぼ確実に自動処理でプライミング効果が生じる
  • 意味関係にある単語どうしは、自動と意識的のどちらもあるが、意識的処理のほうが多い

 プライミング法で得られる結果から、ある単語を見せると、その単語の近くにある単語とのブランチが活性化することが分かる。ブランチが活性化されると、その後同じprime - target対を見せた時の反応速度が短くなる。この現象を説明するのに、ネットワークモデルは役に立つ
 また、このほかに単語の属性や頻度がノードへのアクセス容易性に関係してくる。primeがない場合は、この要素によって反応時間が変わってくる

認知科学 其の七 20171115

田園都市線の遅延で遅れてしまったので、最初のほうは聞けてません。

音象効果

資料映像①「世界一受けたい授業」 黒川伊保子

名前の音象

 「名前の音で人生が方向づけられるかもしれない」と、映像の中で出てきたが、本当にある程度の相関があるらしい。それほどに、音の響きや印象派大きな効果を持っている。
 また、名前に「子」が付く人は保守的な家庭で育つことが多く、頭がいい傾向があるらしい。林修さんも、成績と名前の間にはある程度の相関があるかもしれないといっている(成績名簿を見て)。

オノマトペ

 オノマトペを聞いたり言ったりしたとき、脳では言語野のほかに運動野・環境音を担う部分が活発になっている。実際に、「シュッ」といいながらボールを投げると、言わない時よりも早くボールを投げれることが分かっている。これは、運動野が活動していることの表れだという。
 しかし、「ズンズン」と言いながら走ったら、果たしてタイムは早くなるのだろうか。割と短期間の運動に関してはオノマトペによる効果があると思うが、長時間の運動には影響がないのではないだろうか。

資料映像②「視点論点 赤ちゃんと話そう」

 よく「言葉が分からないのに絵本を読み聞かせても無駄じゃないか」という人がいるらしいが、0歳児にはオノマトペが通じている。例えば、「ぱい」や「ぼう」といったオノマトペを与えると、この音から様々な質感を獲得することができる。
 また、名詞だけでなく、動きにも言葉があることもオノマトペから獲得できる。これによって、心も言葉で表現できることを知っていくのだという。ただ知識を入れるのではなく、心の部分までもっていくことこそが「知育」だという。
 0歳児は言葉を体で理解する。そのためにもオノマトペは有効なツールとして見られている。

資料映像③「5分でガッテン!」

  • 卵焼きを条済み作りたいときは「タン タン ポーン」と言いながら返すとうまくいく
  • チャーハンを上手にあおりたいときは「サッ サッ サッ」と言いながら
  • 硬くしまったふたを取りたいときは「グウゥゥゥゥゥ」と言いながら

 映像見てましたが、正直「ホントかよ…。」と思いながらでした。結論としては、「言葉と体はつながっている」ということを言いたかったようです。

資料映像④「解体新ショー

絵を描くときの脳の動き

  • 得意な人:視覚野が活発
  • 苦手な人:ブローカ野が活発

 ブローカ野は文法において非常に重要な役割を果たす部分で、下手な人は、対象を見ずに知識や想像だけで絵を描いていることが分かる。この、「想像で描く」という問題を解決するために、写真をブロックのように区切って、逆さにして描くという方法が紹介されていました。普段見ることのない状態に変化させることで、見ることに専念させようとしています。

絶対音感とは何か

 絶対音感の持ち主は、聴覚野と同時にウェルニッケ野が活性化している。絶対音感を説明するのは難しいが、普通の人が「う」という言葉を聞いて、頭の中に「う」という言葉が浮かぶのと同じ現象だそうだ。これの音バージョンが絶対音感
 今では、絶対音感を教育によって身に着けさせようとする動きが高まってきている。音と色を対応付けるなどの共感覚トレーニングによって実現している。実際に、小学生が8音くらいを聞き分けることができていて驚いた。
 共感覚トレーニングでは、ニューロンのつながりを人為的に形成することを目的としているのだが、このニューロンのつながりは3歳過ぎで確定してしまうので、それ以降は効果が少ない。
 注意しておきたいのは、絶対音感にもタイプや程度があるということ。

資料映像⑤「Nスぺ 5min 発達障害

 小学生中学生のおよそ1/15が発達障がいという報告が上がってきている。その傾向によって次の3種類に分類される。

ASD

 感覚過敏。例えば、聴覚が過敏に働くと、喫茶店など多くの声が混じっている場所で目的の音を聞くことができないなどの障がいが発生する。正常ならば、目的の音以外のボリュームを意識的に下げることができるらしい。カクテルパーティ効果もこの関連になる。
 ちなみに、自分は無理です。ビニール袋のガサガサ音があると、テレビのセリフなんかは聞こえなくなる。字幕必須ですね。
 ほかにも、視覚過敏で、太陽光が痛いなどの障がいを持った人がいる。

ADHD

 関心が次々に移ることによって、集中力が持続しない。落ち着きがない。順序立てる能力や、満足を得るために待つ能力が欠如している。

LD

 例としては、文章を読むときなど、どこで区切られているのかが分からなくなってしまう症状が挙げられる。これは共感覚障がいと呼ばれるもの。どこまで読んだかわからないなんてのもこれに当たるのだろうか。

 大概、この手の発達障害に対して、親の理解が足りないような気がする。「なんでおとなしくできないの?」とか「静かにしなさい」とか。「わが子に限って」という気持ちもわからなくはないが、理解を深めてほしいと切に願います。