読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マエカワの備忘録的な何か

思い立ったが吉日

ヴィジュアル情報処理 其の一 20170414

評価方法

 ①課題

 ②宿題

 ③最終課題:プログラミング&レポート

 

新しくやることは

 ・画像(二次元配列)の扱い方

 ・再帰処理(イメージは2年の時のフィボナッチアルゴリズムか?)

 ・座標系のスタック…幾何学変換

 

内容

 CG

  狭義:3DCG…3次元形状データ⇒画像の生成

  広義:コンピュータを用いて作成した画像、およびその過程

 

 ・トイストーリーが初めての長編CGアニメーション

 ・動物をCGで作成しようとすると、モフモフ感などを表現しなければならないため人間よりも難しくなってしまう。ルクソージュニアのようなツルツルしたもののほうが作りやすい。

 ・フォトリアリスティックレンダリング:外観などを正確に作りこむこと

 

 2Dペイント

  ⇒アナログなお絵かきソフトでも陰影をつけることによってCGのような画像を作り出すことができる

 

 VR

  ・HMDPSVR oculus などなど

  ・wearable computer:Google Glass

  ・コンタクト型ウェアラブル端末

 2つ目3つ目はVRだけでなく、後述するARにも応用が可能なものになる

 

  搬入型表示装置:blue-c

   PDLCという電圧をかけることによってon/offが切り替わる特殊なガラスを使用。部屋全体をVR空間に変える。遠隔地との対面式コミュニケーションが可能になる。
f:id:maekawa_yoshimiki_1119:20170415014722j:image

 

  Cheoptics 360°

   空中に立体イメージを投影。空中に浮く広告など、応用分野は多岐にわたる。

www.youtube.com

 

  Eye Vision

   360°あらゆる角度に設置してあるカメラの映像を切り替えて様々な角度から被写体を観察することができる

    ⇒マトリックスなどはこの技術が用いられた。このほかにもアメリカのス―パーボウルの試合でもリプレイ時に使用されている。

www.youtube.com

 

 AR/MR (Argument/Mixed)

  Argumentは増強という意味。VRと違い、実時間対話がしやすくなっている。いくつか例を挙げていく。

   ・Total Immersion:コードを読み取りキャラクターを仮想空間上に出現させる。一時期、ペットボトル飲料のおまけとしてカメラでスキャンすると画面上にお笑い芸人が現れ、漫才を見ることができるなどといったものがあった。

   ・iLamps:いわゆるプロジェクションマッピング。作業の動作手順をプロジェクションマッピングで操作するそのものに投影することが可能。昔はプロジェクターが大きかったため、装置も大きくなってしまっていたが、現在は小さくまとめられている。

www.youtube.com

 

 IP/CV (Image Processing/Computer Vision)

  ・Video trace:写真に合わせて頂点をプロットしていくことによって、写真に写っている物のCG複製画手作業で得ることができる。手作業であるため、時間も手間もかかってしまう。

www.youtube.com

  ・PTAM(Parallel Tracking and Mapping)

   ARのための平面などを検知するシステム。事前に準備することが特別必要というわけではないらしい。画面上に出現させるオブジェクトと現実空間の位置関係などがきっちり決まる。見えている物の位置関係をカメラを向けるだけで測ることのできるシステムと考えた方がわかりやすいだろうか。

情報と法規 其の一 20170414

講義について

 だいぶラフな感じ。みっちり受けるというよりは自分で考えることに重きを置いた講義進行です。挨拶は大事。

試験について

 試験で提供される知識について考察する。考察できた点一つにつき加点される。

 

次回までにH24センター国語第1問を解いておく

 

内容

 推定する⇒反論の余地あり

 みなす⇒反論の余地なし

 

これだけではなんなんで、講義で出てきた話を

 先発後発で乗客が並ぶ場所が違う形式の駅を見たことはあるだろうか。あなたは始発のほうの後方に並んでいる。もしラッシュ時、あなたが先発列車に乗りそびれてしまったらあなたはどうするだろうか。

 ①そのまま並び続け、後発列車に先頭で乗る

 ②後発列車の列の最後尾に並びなおす

 割と意見が分かれると思う。①を選んだら後発列の先頭の人が文句を言ってくるかもしれない。かといって②を選ぶと、後発列車にも乗り損ねてしまう可能性がある。この問題は明示されていないルールというものを考えるのに非常に有効だ。もちろん、どれが正解などということはない。こんなことを考えて自分なりに解釈していくことがこの講義の内容ということになっていくだろう。

情報通信システム 其の一 20170413

この講義でやること

 ・シャノンの情報理論

 ・符号理論

 

 ・情報を記号列(ディジタル情報)としてとらえる(何か意味を持つものとしては扱わない)

 ・情報をいかに効率よく(情報理論)、信頼性高く(符号理論)伝達するか

  ⇒符号化することによってこの課題の解決をはかる

   この符号化した結果に要求されることは、自動間違え修正etc...

 

これらがこの講義で扱う内容

 ⇒効率の良い符号化について

 ⇒符号化の限界について知る(理論上、効率化は限界あり、信頼性は限界無し)

 

効率化と信頼性は相反する。どちらかをよくしようとするとどちらかが悪くなってしまう。

 ⇒二回に分けて符号変換を行っていく


f:id:maekawa_yoshimiki_1119:20170415004929j:image

画像:Shannon-Fanoモデル

情報源符号化は情報の圧縮にも用いられている

本来ならば情報源符号化と通信路符号化が一緒になっている。通信路復号と情報源復号が一緒になっている。

 

・現在は誤りがあることを検出できるように符号化

 ⇒あった場合は再送を依頼する(検出から修正までやってしまうと符号化した記号列が長くなってしまい、効率が良くない)

・この講義では上のモデルを扱っていく

・このモデルのほかに暗号化を盛り込んだモデルも存在する

インタラクティブシステム論 其の一 20170413

この講義でやること

 ・フーリエ変換を研究にどのように生かせるのか

 ・ヒューマンインターフェースを研究しようとするとロボットが必要。これにはフーリエ解析が必要で、グラフィックスとオーバーラップしているところがある。

 

インターフェース系では

 ①ハード

 ②ソフト

 ③数学

の知識が必要。この中でも数学の知識については継続的にやっても身につきにくい。ハード・ソフト系の知識やスキルは一夜漬けで結構何とかなる。

 

つまり

 ・研究と数学との関係を知る

 ・使えるスキルを身につける(これについてはScilabというプログラミングシステムを用いて進めていく)

 これがこの講義でやっていくこと。

SciLabの導入方法

 Home - Scilabにアクセス

 ②「Download SciLab」と書かれているデカい矢印をクリック

 ③ダウンロードが終わったら実行

 ④最初に言語設定が出てくるので、設定し終えたら手順に従いインストールする

zipを回答しなくて済んだのでファイルがごっちゃになってわけわからんくなるなんてことは起きない、はず。

SciLabの使い方

今回の課題

 ①リサージュ図形について各自調べ、plot関数で書いてみる

 ②速度に比例したブレーキ(ダンパ・粘性)が加わった時の動きをシミュレートせよ

 ③簡単な音楽を作成せよ。提出はSciLabのプログラムファイルでいい

コミュニケーション論 其の一 20170413

ビデオ:ためしてガッテン より

 

最近、会話術に関する本が人気

300人へのアンケートで会話に自信がないと答えた人は、約70%

どうしたら会話が上手くなるのか?➡会話が上手いことが会話上手になる秘訣ではないらしい

話題or経験か⇒聞く方のリアクションがとても重要

笑顔で話を聞くと会話が長続きしやすい

 

話し上手ではなく、話をしやすい人に

 

顔面フィードバック

 感情:うれしい

     ↓普通の感覚だとこの向き ↑本当はこっち向きなのではないか?

 表情:笑う

 

 ・うれしいから笑うのか、笑うからうれしいのか

 ・ある実験で面白そうな顔(棒状のものをくわえる)をして漫画を読むというものがあった⇒面白さを経験しやすくなる

 

ミラー現象(ミラー・ニューロン仮説)

 人間は動物の鳴き声を聴くときは脳の中の聴覚分野が活発になる

 しかし、人の話を聞くときは聴覚野のほかに言語野(ブローカ野)が活発になっている

  ⇒相手のことをまねることによって自分で意味をかみ砕き、相手の気持ちに寄り添おうとするため

 

疑問:動物の鳴き声だとなぜブローカ野が活発にならないのか

 ⇒意味を持たない言語だからなのか?

  ⇒一概には言えない。完全な物質音だったならあてはまるだろうが。言語と非言語の境界には、動物の鳴き声など多数種類ある。今の時代、ペットも家族の一員としての扱いになっている。ひょっとしたらペットの鳴き声ではブローカ野が活発になるのかもしれない。

 

会話と緊張の関係

 相手のしぐさや言葉をまねる

  ⇒話す方の緊張が解ける(相互作用で自分にも効果があるのかもしれない/ばれたら効果がなくなるのか)

 このことを心理用語でミラーリングと呼ぶ

 相手に関心を持たせるためにミラーリングを活用する方法もある

 

keywords

 共感的理解:相手の気持ちになって、言葉を理解すること。例としては、部屋に入ってきた友人の「暑いねー」という言葉を「窓を開けて―」などと変換、理解すること。なかなか難しい。(参考:『共感的理解』)

 自己開示の返報性:自分のことを話し始めると、相手も自分のことを話し始める。打ち解けやすくなる。

 ダイアローグ(dialog):対話

 ディスコース(discourse):言語で表現された内容の総体

オペレーティングシステム 其の一 20170412

電卓程度のアセンブリ言語(わかりにくい)

↓ ここのギャップをOSが埋めている

普段使っているPCのスペック(簡単)

 

OS:ハードウェアを抽象化してソフトウェア開発をしやすい形にする

 

OSを学ぶとは

 ①コンピュータの低レイヤを学ぶ

 ②OSが提供する環境を学ぶ

このふたつの意味合いを持つ

 

OSを学んでここがうれしい!!

 ・低レイヤのことがわかる

  ⇒デバイスドライバ:ハードウェアと新しい機器とをつなぐ役割…OSの知識が不可欠

  ⇒組み込み:単純な危機に搭載するCPUの設計のためには低レイヤの設計、ハードウェア寄りの設計が必要

 

 ・セキュリティ

  ⇒攻撃も防御もOSの知識が必要

  ⇒マルウェアルートキット(トロイの木馬、ステルスハック)

  ⇒フォレンジック(コンピュータから情報を集める技術)

 

 ・プログラムの高速化

  ⇒アルゴリズムでどうにかなるならばいいが、OSに関する箇所がボトルネックになっていることが多々ある

 

OSが隠しているもの、やっていること

 ・実行ファイルが実行できるように準備をする

 ・ハードウェアが文字を表示するまでにいくつもの層やインターフェースを通らなければならない

 

例えば…

#include<stdio.h>

int main(void){

 printf("Hello,world");

 return 0;

}

上のような単純なプログラムを実行するためにもかなりの手順を踏んでいて、そこにOSが密接に絡んでくる。

 

補足:LinuxはユーザーにOSの状態を開示しているのでおすすめとのこと

プログラミング言語実験 其の一 20170411

・list構造の復習(C言語)

 <基本設定>

  …Node型の設定

  typedef struct _Node{

   double data; //Nodeに入れるデータ

   struct _Node *next; //自己参照構造体

  }Node;

 

  …先頭のNodeの設定

  Node *p,*start;

  p=malloc(sizeof(Node)); //大きさNodeのメモリを動的に確保

  start=p; //最初に設定した位置を*startに記録

 

  ...Nodeの連鎖の設定

  for(i=0;i<n;i++){

   p->next=malloc(sizeof(Node)); //メモリを動的確保

   p=p->next; //pの位置をポインタで指し示す次のNodeに移す

  }

 

この後は、pをstartの位置まで戻して同じようにしてデータの格納を行っていく。

データを出力するときもpをstartの位置まで戻して順番に出力していくとよいだろう。

あと、malloc関数を用いるときには

#include<stdlib.h>

を冒頭に書き示さなければならないことに注意。

 

参照:自己参照構造体