マエカワの備忘録的な何か

思い立ったが吉日

マルチエージェントシステム特論 其の一 20180413

この講義について

 前半の講義はマルチエージェントについての座学になるらしい.

トップが変わると,全体が変わる

 この時に,

  • どんな要素が働いているのか
  • 制御方法はどのようなものなのか

このようなことはいまだにわかっていない.一人一人をエージェントとして考えていくことで,この問題を解決しようとしているのがこの学問.

高度情報化社会では...

 問題が分散され,解決されている.分散しているからこそ複雑になり,分散したものを再度統合しようとしたときに失敗する.統合に関する方法も複雑になってきている.理想としては,複数のものをマージさせたときにその数以上のパフォーマンスを実現したい.

最先端を知る必要

 最新のものを知ることは,最新のものを作るために必要になってくる.これは,人からポンと得られるものではない.今この技術が最先端だから,次はこのような技術が出てくるだろうなど,先見の明を養うことが研究の一番の目的とも言える.

院では講義をする必要はない

 自分で調べて,自分のものにすることが必要になってくる.
 情報の仕入れ先を専門外の分野にすることで,イノベーションが起こってくる.このスキルを養うことが,この講義のメインの目的.最終プレゼンでは,輪読した論文のポイントをわかりやすく発表することが必要になってくる.学会発表みたいなものをイメージしておくといいかも.

詳細ではなく,ポイントを抑える

 詳細なアルゴリズムは,最悪理解できなくてもいい.一番重要なものは,この技術はなぜ出てきたのか.従来の手法と比べて何が新しいのか.ブレイクスルーはどこの点なのか.これらを自分なりに理解,説明できるようにする必要がある.

評価

  • 論文の理解度:50%
  • 資料作成スキル:50%

 論文については,5月に開催されるAAMASで発表された,出来立てほやほやのものを採用するそうです.

内容

マルチエージェントシステムに組織学習を

 社会科学系の分野に「組織学習」という考え方がある.組織の成長のためには,

の二つを個人レベル,組織レベルで回していくことが必要になってくる.どれか一つでも欠けていたら成果は得られず,多すぎても無駄になってしまう.
 マルチエージェントシステムを考えるにあたって,人間の実世界を参照することはいいのかもしれない.

最後に

 次回は休講.

ソフトウェア工学 其の九 20171221

構造化設計(続き)

良い設計の落としどころ

 実際のところ、考える人によってさまざま。「これが最適だ!」というものは今のところ分からない。そこで、ここではモジュール化(カプセル化*1という考え方を出す。モジュール化を構成する要素には

  • 凝集度
  • 結合度

がある。それぞれを説明していく。

凝集度

 難しい言い方だと、「再利用可能である度合い」。簡単な言い方だと、「用途ごとに分けられている度合い」。言葉で表現するのは難しいので、講義で出てきた例を紹介していく。


 CDラジカセには、「CD」「ラジオ」「カセット」の3種類のメディアを再生できる機能が備わっている。この機械において、CDとラジオどちらにも関係のある部分 Aがあったら、どのような不具合が考えられるだろうか。
 「ラジオ部分に仕様変更」があった場合を考える。修正範囲に部分 Aが含まれていた場合、CD機能との関係を考慮して修正していかなければならない。最悪、部分 Aのプログラムをすべて書き直す必要が出てくる。このような設計は凝集度が低いとされている。
 では、凝集度の高い設計とはどのようなものなのか。それは、CD・ラジオ・カセット機能が独立である設計だ。一部を変えるときに、その部分しか変える必要がないように設計する。これが凝集度の高い設計だ。どのレベルで独立させるのかは、その時の状況や、求められていることに応じて変わってくる。

結合度

 難しい言い方だと、「それぞれのモジュールの責務がはっきりしている度合い」。簡単に言うと「他モジュールの変数を勝手に変えられる度合い」。Javaを例にして説明された。public変数は、誰でも使うことができるので結合度が高く、private変数は、自分しか書き換えることができないので、結合度が低い。大規模システムの開発の際には、どこでバグを起こしているのかをしっかり知るために、結合度を低く保つ必要がある。

 基本的に、「凝集度は高く、結合度は低く」が原則。また、この考え方はソフトウェア工学だけでなく、あらゆる分野で登場してくる。

モノリシック

 全くモジュール化されていないことを表す言葉。出てきたのは「21世紀宇宙の旅」という書籍。巨大な船と、モジュール化されていない巨大なコードを対応付けている。

疎結合化の難点

 疎結合化が進むことで、処理スピードが落ち、パフォーマンスが落ちる危険性がある。

設計とは

 設計はプログラミングではない。プログラムを正しくすることだ。そして、トレードオフトライアンドエラーの賜物である。トライアンドエラーから経験則を得ていく。

期末テストについて

 「凝集度・結合度の考え方を”身近な例”で説明しろ」という問題が出てくるらしい。

クリスマスは何のためのイベント…?

 何かのきっかけにするイベント。なんでもいい。
 ということで、Qiitaで企画されていたソフトウェアテストに関するアドベントカレンダーが紹介された。このようなきっかけで、技術を楽しむことができれば自分の選択が広がっていく。選択肢が多いということは、人生の幅が広がるということ。
 今の時代、ネットを使えば情報は出てくる。いろいろなところへ刺激をもらいに行って、自分の選択肢を増やすことが大切になってくる。
 アドベントカレンダーに参加している人どうしは、顔も知らないし本名も知らないことが多いし、これは技術者界隈では結構当たり前だったりする。
 弊学でも、アドベントカレンダーを書いている方たちがいる。自分が入学した2015年にはもうあった。見てみると、学内無線の設定方法だったり米の話だったりと、かなりバリエーションが豊富。面白い。

*1:最近の言い方だと、「疎結合化」や「マイクロサービス化」と呼ぶ

音声音響情報処理 其の一 20180410

この講義について

  • 成績は,期末試験一発勝負(難しい問題は出さない模様.手書き資料持ち込み可能)
  • 講義は演習中心に進める
  • ノートPCを持参のうえ,scilabを使って波形の変化などを確認していく

早速内容へ

音は位置の関数でもある

 一般に,音は時間 tの関数ではあるが,伝搬することを考えると位置 xの関数と考えることもできる.
 順方向へ伝搬する波を考える場合,音速 cを用いて音 p(x,t)は次のように表現できる.

   \displaystyle p(x,t)=f(x-ct)

逆方向への伝搬は

   \displaystyle p(x,t)=g(x+ct)

と書ける.この二つの関係式を音は持っていると考え,音 p(x,t)は一般にこのように書ける.

   \displaystyle p(x,t)=f(x-ct)+g(x+ct)

上記のような音の解釈をを「ダランベールの解」と呼ぶ.

波動方程式

 何やかんやの条件とかを合わせて音を考えていくと,次のような2階微分方程式が導き出せる.

   \displaystyle \frac{\partial^2}{\partial x^2}p(x,t)=\frac{1}{c^2}\frac{\partial^2}{\partial t^2}p(x,t)

さっきの「ダランベールの解」をこの波動方程式にあてはめて計算すると,成立することがわかる.つまり,ダランベールの解は音をあらわしていることがわかる.
 そのほか,変数分離を用いて解いていくと,

   \displaystyle p(x,t)=A(\omega )\exp^{j\omega t}\exp^{-jkx}

と解が出てくる.
 以上の関係式を見ていくと,異なる音 p_1(x,t) p_2(x,t)を足し合わせても波動方程式を満たすことがわかる.これが俗にいう「重ね合わせの定理」.つまり,

   \displaystyle p(t)=\sum_{\omega}A(\omega)\exp^{j\omega t}

も波を表わしていることがわかる.

フーリエ変換とか

 演習に入る前に,フーリエ級数展開フーリエ変換についての復習がありました.まぁ,教科書に書いてあることなのでここでは割愛.

最後に

 演習多め,さらにscilabを使った課題とかがあるのでB3のインタラクティブシステム論を思い出しますね.積分計算とか,久しぶりにやったのでとても時間がかかってしまった....応用数学講義ノート,見直すかな.
 手書き資料は持ち込み可能とのことなので,しっかり準備すれば単位は取れるのかなって感じです.たぶん,履修する.

知的学習システム 其の一 20180409

講義について

NNの奥にあることは統計学

 このことについて書いてある記事やエントリは日本語ソースではまだ少ない。
 このほか、確率的情報処理にも通じる。この分野において、情報理論・符号理論に地検は欠かせないもの。

どこにつながっているのかわからない

 この講義のみならず、どの抗議でもいえることだが、技術分野はどこでつながっているのかが分からない。画像処理とつながったり、医療分野とつながったり。

データ科学:第4のパラダイム by Jim Gray

 第3パラダイムまでは、人や計算機が主体。また、データが付随していくものだった。
 しかし、第4パラダイムでは計算機でも解決できないような問題をどのようにして考えていくのか。このようなことが考えられている。この分野についての論文は、自然科学論文誌のNatureにも載っている。各分野が、この問題を解決しようと躍起になっているからだろう。

分析スキルがメイン

 こんな感じのことを扱っていく。DeepLearningなど応用分野に関しての講義は最後のほうになるそうです。あくまで基礎部分を中心に。その関係もあってか、前半の講義は線形代数の知識をフル活用するそうです。

学習とは

 この講義では「機械学習」に的を絞って扱っていく。簡単に言ってしまえば、「データから知識・表現・基準を抽出すること」を学習と定義できる。
 学習については、大きく3つに分類できるのでその話も。

  • 教師あり学習:正解が分かっている
  • 教師なし学習:この講義のメイン
  • 強化学習:上記二つのちょうど中間あたりの立ち位置

たとえばこんなことを

数字の認識

 これは結構有名な例。手書き文字のデータを数値化して、ヒストグラムに落とし込んで...。そのヒストグラムを見て、「この文字は”0”だな」なんてことを判断していく。そんな感じ。

回帰問題

 関数フィッティングとかの問題。最小二乗法とかを用いてやっていくなど。

この講義に必要なもの

線形代数の知識:前半の講義で使います
‐確率・統計の知識:データを扱うから当然
‐プログラミングの知識:実装して確認するのに必要

上記二つは、学部の時に終わっているものとして進めていくそうです。

この講義でやりたいこと

‐数理基礎・統計推定の基礎の理解
‐数式を低次元に落とし込んで理解

評価方法

  • レポート(小レポート・期末レポート)
  • いい質問・応答をしたら加点
  • 月曜5限がオフィスアワー

課題について

 レポート提出の遅延に関しては、正当な理由をつけて事前に知らせること。これは当然。

最後に

 たぶんとると思います。

Visa Worldwide New Form Factor Workshop に行ってきた。

はじめに

 こんにちは。マエカワです。
 今回は、2018/2/27から2018/3/3の5日間にわたって開催された、「Visa Worldwide New Form Factor Workshop」に行ってきたよ、というお話を書いていきます。武蔵野美術大学東京工業大学電気通信大学という3大学間で学生を募って行ったワークショップで、自分でも貴重な経験ができたと感じているのでぜひ共有したい。いつものような講義ノートではないので、ぜひ軽い気持ちで見ていってください。目次は以下の通り。ほとんどマエカワの日記みたいなものなので、結局よかったの?どうなの?って人は、最後の方からお読みください。

 それでは、よろしくお願いします。

ことの発端

 それは、2018/2/8。自分がとっていた「イノベイティブ総合コミュニケーションデザイン2( iCC-D2 )*1」という講義の最終プレゼンの日のことです。
 担当の先生から、一枚のチラシを渡され一言。

「こんなのあるんだけど、行ってみるかい?」

チラシには大きく「コンセプトデザイニング」の文字。なんだか、毎年夏にムサビと東工大が連携して行っているらしい。しかも今回はスポンサーがついて、なんか豪華になっているらしい。というふわふわした説明を聞かされました。
 もともと、ムサビと電通大は提携校なのだそうです。電通大名物「輪郭の断片*2」も、もともと連携講義の中で生まれたものだとか。そのつながりで、今回自分に声がかかったということです。
 ほかの大学の人たちと交流することなんて滅多にないので今回応募。自分を合わせて電通大からは2人。直前になっての飛び入り参加ということで、お世話になることになりました。

1日目

 ムサビへ初登校ですね。「鷹の台」から歩くこと20分くらい。

ムサビのキャンパスに到着です。とにかく、環境がいいなというのが第一印象。ムサビの学生さんは自虐気味に「遠いんだよね…」とか言っていましたが*3、高校生のときに使った緑道の雰囲気が感じられてとても懐かしい気持ちになってしまった。

f:id:maekawa_yoshimiki_1119:20180306040422j:plain:h400

 今回は、7号館というところで作業をしていくことに。参加者は30人くらいですかね。衝撃的だったのは、ムサビの学科名。「視デ*4」「デ情*5」「基礎デ*6」「油*7」などなど、最初聞いた時はここで何が繰り広げられているんだと思ったものです。
 最初は軽めのオリエンテーション。Visaさん、ソニー銀行さんから今回のテーマについて説明されました。そのあと、今回お世話になる講師陣からの講義・アイスブレーク。美大の先生、むっさおしゃれだなぁと講義を聞きながら思っていました。この講義、一般大学からきている自分にはとても新鮮だったので、簡単にまとめていこうと思います(ここだけ講義ノートっぽくなりますが、ご容赦くだされ)。

同じ空間でも、違う空間

 最近こんな表現を使いすぎている気がする。同じでも違う。とても大切なことです。

アートとデザインの違い

 アートは問題提起。だからこそマイナスイメージを持つものでも成り立つ。対してデザインは問題解決。普通はポジティブなものが出てくる。

自分の国の言葉で話すべからず

 理工系にかかわらず、どの分野の人間も自分の国の言葉で話がち。それでは、相手に伝わらないことが多い。海外の人と話す時、お互い気を付け合って、丁寧に自分のことを伝えている。これを異文化どうしだけでなく、異分野どうしの交流でもしろよというお話。

メディアとは

 ミディアムのこと。物と物の中間に中立として存在しているもの。中立ってのがまた難しい。

 こんな感じ。
 こんな講義を受けて、15時くらいからグループワーク開始。気さくなメンバーに助けられた。割と早めになじむことができたのも、メンバーのおかげ。アイデア出しをメインでやったけど、ずっと喋りっぱなし。あーだこーだ言っているうちにコアタイムは終了。初日から延長したよね。20時に終了して、家に帰ったのは22時過ぎくらい。
 2日目は別のイベントに参加しなければならなかったので、残念ながら参加できなかったです。

3日目

 中間プレゼンの日です。前日の大雨でぐちゃぐちゃになった道で滑りながら、ムサビへ。

f:id:maekawa_yoshimiki_1119:20180306033917j:plain:h400

ムサビの中で一番大きな教室でプレゼンすることになりました。大きなスクリーンに、各社の方。同時通訳の方もいらっしゃっていて、かなり緊張したりしていた。

f:id:maekawa_yoshimiki_1119:20180306033817j:plain:h300

f:id:maekawa_yoshimiki_1119:20180306033836j:plain:h300

 プレゼン開始。他の班のプレゼンを聞いてみると、使用想定を話し合いで詰めていっているところとか、実際に運用するものから考えていっているところなど様々。グループによってこんなに特色が出るんだなと正直驚いていました。自分たちのグループとの違いを見つけたり、出てきた質問を聞いて自分たちにフィードバックしたり、ここだけでもかなり参考になることがありましたね。
 中間プレゼン後には「デザイン思考」について、「環世界」の話を交えながらレクチャーを受けました。見る視点によってものの見方は全く異なる。アートは理解できないのではなく、理解できる目線に自分がいないということ。ただそれだけ。相手が見ている世界をいかにまざまざと見るか。ここにヒントがあるかもよ、とのことでした。あと、イノベーションとは、賛否を分けるものだということも。もっとザラザラしていいんです。
 中間プレゼンの後は、作業に戻ります。方向性はいいのか、見えていないことはないのか。もう一度、自分たちの作ろうとしているものを再確認。この振り返りの時間はとても有意義なものに。「他を知ることは自分を知ること」とはよく言ったものですな。全くその通り。
 結局、この日は差し入れのカップ麺をズルズルと食べながら、21時過ぎくらいまで作業をしてました。

f:id:maekawa_yoshimiki_1119:20180306033947j:plain:h300

 ちなみに、マエカワの春休みはこの日からスタート*8していました。春休み開始から密な経験ができて、とてもうれしかったです。

4日目

 作業は最終日。このワークショップでムサビに来るのも最終日。10時に集合して、最終的なプロダクトの構想を詰めていきます。
 お昼ご飯にムサビ構内にあるパン屋さん「エミュウ」で、塩バターパン、明太チーズパン、グラタンパンを買ってみました。芝生でご飯を食べるという、なんとも乙なこともやったりして。ムサビ生はよく外で製作しているそうです。やっぱり開放感があったほうがインスピレーションが湧くんでしょうか。
 ご飯の後は、アイデア出しが煮詰まってきたので世界堂*9に行き、素材を買って、製作して。実際に手を動かした方が見えてくるものもあるもんです。最終プレゼンの資料も作らなきゃならんので、てんてこまい。時間はあっという間に過ぎ去り、気づいたときにはコアタイムは終わっていました。
 帰りの電車で編集作業をしたり。帰ってから編集作業をしたり。プロダクトを作ってくれたメンバーには心から感謝をしたい。ありがとう。

5日目

 準備やなんやで、あんまり寝られず最終日。最終日は、六本木のデザインラウンジの一室を丸々使ってのプレゼンテーションです。

f:id:maekawa_yoshimiki_1119:20180306034035j:plain:h300

f:id:maekawa_yoshimiki_1119:20180306034042j:plain:h300

自分のグループは一番はじめの発表だったのでかなり慌ただしく準備や会計をしてました。
 プレゼンの内容とかは、知財を握られているのでここには載せられませんが、どのグループも楽しそうに発表していたのが印象的。寸劇をしたり、実演したり、体験してもらったり。
 途中、インタビューを受けたりなど慣れないこともこなしました。無いボキャブラリーを総動員してコメントしたら…

「20秒でまとめてください(笑)」

 え…。無理。
 こういうことを経験すると、テレビに出ている人たちって大変なんだなぁと実感できますね。文字通り、秒刻みの調整が必要だから。羽生結弦ってすごいなと思う。
 それと、インタビューしてくれた方に逆インタビューみたいなことをしたので、それについて書いていきましょう。

Q. このワークショップ、注目されてるんですか?

 過去に2回ほど同じワークショップは行われているけど、今回はじめてカメラが入ったそうです。わりと注目されているようでした。撮った映像はどこのメディアで使われるのか。全く知らされていないので、ドキドキですね。

Q. 大人が聞いててどんなもんなんですか?

 会社に入ると、ターゲットが明確に決まっている。つまり、落とし所が決まっている。そういう意味で、大人ってのは視野が狭いらしいです。中間プレゼンのときも、前のめりになって聞いてくださっていたということです。

 と、こんな感じのことを聞いてきました。休憩時間にインタビューを受けたのでこんなもんしか話せなかったですが、普段は話すことができない仕事の人と話すことができたのは良かったです。

最後に

 今回のワークショップ、とても楽しかったです。結果はどうあれ、これに尽きる。結果発表の後に謎の円陣を組んだり、写真を撮りまくったり。さすがは5日間のほとんどを一緒に過ごしただけはある。
 参加する前は、「美大生がアイデアを出して理工系がまとめてプロダクトにする」という制作プロセスを想像していたんですが、ふたを開けてみるととてもそんな状態じゃなかったですね。双方譲れない美学的なものがあったりするので、混線しているグループがほとんどだったように思えます。英語チームはもっと混線していたんじゃないかな。何はともあれ、大勢の学生が一堂に会して決済方法について真剣に考える場なんて今までなかったわけで。Visaさんは「しめしめ」と思っているに違いないでしょう。あとで聞きましたが、Visaの偉い方にも好評だったらしいです。

 初日のレクチャーで出てきた「美大では、世に言う大学のことをまとめて一般大学と呼んでいる」というフレーズ。最初は笑っていましたが、あながち間違いではないなぁと最終日に思っていました。これまでの人生の中で、美大人とは関わったことがなかった。美大生と言えば「美的センスを持つ選ばれた人」みたいに思っていた節があります。正直に言うと、自分の中の世界に美大生は存在してなかったんですよね。そして、これは多くの一般大学の学生が持っている価値観だと思う。理系か文系か、この二択しかない。今回のワークショップで美大生についてもいろいろ知ることができて、閉じた世界がちょっとだけ広がった気がします。プログラム関係のアルバイトをしている人に「バイトしない?」と誘われて驚いたり*10、「電通大生って電通に就職するの?」と聞かれて返答に困ったり、酒に異様に強かったり*11
 それと、ムサビの長澤学長が言っていた言葉も印象的でしたね。

美大生は日ごろからアウトプットをしている」
「プロダクトを作るために、自分のことを後回しにしている」
「プレゼンがうまいとか見やすいとか、そういう言葉でまとめないでください」

と。衝撃的*12

 こんな感じでワークショップに参加してきたわけですが、突っ込みどころがある発表のほうが良かったのかなと感じています。完成形に近ければ近いほど、突っ込みどころは無くなって、そこからの広がりが望めないなと。よく、「今ヒットしているサービスは発表当初クレイジーなものだった」と言われる。twittermacもLINEも。今回の活動を通して、自分は出てきたアイデアを完成形に落とすことに特化しているのかもしれないなと感じました。いいことなのかもしれないけど、イノベーションを起こすには必要ないスキルなのかもな。ザラザラしないし。
 これから先、ないものを作らなければならない機会が必ずやってくる。来るその時に必要な考え方を学べた、非常に有意義なワークショップでしたとさ。



 今回お世話になった手羽さんが書かれている記事がありますので、より詳しく知りたい方はそちらまで。
partner-web.jp
partner-web.jp


 この場を借りて、このワークショップに参加するきっかけになった電通大と武蔵野美術大学の「つながり」と、手羽さんをはじめとする、このワークショップを運営していただいたすべての方、参加していた学生の皆様へお礼を申し上げます。
 花見にいこうということがありましたら、ぜひ誘っていただきたい。

 読んでいただいた方に感謝を。
 理系っぽくないと評されたマエカワ。


*1:旧エンジニアリングデザイン。この講義は、電気通信大学の3年時に開講されるPBL型の講義です。前期はアイデアソン形式、後期はハッカソン形式という感じです。「ハッカソン…なんか技術ないといけないんでしょ…」と考えている学部2年生の方は、物は試しという感じで「単位も出る」この講義を取ってみてはどうでしょうか。

*2:気になる方は、twitterで「輪郭の断片」と検索してください。電通大生の「今」を知ることができます。

*3:遠いのは間違いないんですが…。

*4:視覚伝達デザイン

*5:デザイン情報

*6:基礎デザイン

*7:油絵

*8:レポートの締め切り日が2/28だったのです。ぎりぎりまで推敲してた関係でこんなことになりました。電通大は休業期間に入るのが他大学よりワンテンポ遅いことを自虐ネタにしています。

*9:ムサビには、行内に世界堂があるんですよね。びしっと並んでいる顔料だったり、アクリルガッシュだったり。とてもテンションが上がっていました。

*10:院に進んだら考えてみようと思っています。

*11:今回参加した人たちがってだけかもしれませんが、尋常じゃないなと思った。

*12:これが衝撃的でないと思えるようになりたいですね。