マエカワの備忘録的な何か

思い立ったが吉日

読書中感想文:睡眠の話~快眠のためのヒント~ 内山真著 中公新書 2250

ということで、自分は内山先生が書かれた新書を読み進めております。
自分で進んで読んでいたらよかったのですが、まさかの「課題として」読むことになりました。
読んだ後で一気に思い出そうとするのはおそらく自分にはできないと思うんで、こんな形で残していこうと思います。
殴り書きみたいになってしまうかもしれませんが、悪しからず。

ということで早速本題へ。

2017年6月22日 ~p26

不眠に悩まされている人が結構いるが、昔の人のほうがストレスで眠れない日々を送っていたらしい。自然、天敵とか、考えてみると納得だ。サザエさんの磯野家。波平が不審者をバットを持って追い出そうという描写がたまにされているが、結局「夜も心配でなかなか熟睡できない」ことを表しているのかもしれない。
ストレスで目がさえるのも人間の本能。そうしないと大昔は生き延びることができなかった。
徹夜=瓶ビール1本飲んだ時と同じ判断能力
夜型朝方は生まれつき
大脳が大きくなったため、休憩させ、冷却しなければならない=「睡眠」
アフリカ睡眠病=寄生虫が脳に寄生。睡眠物質を大量につくり、昏睡状態にしてしまう。
酷使した脳の部分は他よりも深い眠りにつく。
 ⇒覚醒したままできないか?ある部分だけ寝てて、他は全部起きてるみたいな。
レム睡眠は睡眠全体の20%ほど。案外短い。
レム睡眠中、外部からの刺激をシャットアウトしている。内耳は緩むんだって。
さらに、筋肉という筋肉が弛緩してしまうので、電車に乗りながらレム睡眠なんてことはできないらしい。
ノンレム睡眠の軽睡眠期は眠りながらも外部の刺激をきゃちいしている状態。は飛んだがこの状態で、これは進化の観点から言っても妥当。
もともとは体を休めるレム睡眠があった。脳が大きくなるにつれ、脳を休める機能が必要になる。それがノンレム睡眠。レム睡眠⇒ノンレム睡眠。

2017年6月23日 ~p44 第6章「朝方・夜型のそれぞれの仕組み」まで

何時間寝ればいいのか??
 ⇒7時間ほどがベスト。それ以上でもそれ以下でも体に問題が発生してしまう。6年後生存確率が高い。
日本人は睡眠時間が少ないといわれるが、人種によって睡眠時間に差があるわけではない。単に、ベッドの上でどれだけ過ごしたかという観点で語られている。
 ⇒欧米のほうでは朝食までをベッドの上で過ごすところもあるらしい。
だが日本人は朝食を食べる暇さえないなんて人も多いことを考えると、結局、日本人には余裕がないということになるのでは??
目覚ましがなくても起きられる人は「起きなければ」というストレスホルモンが作用して起きることができている。
眠りの深いときに起きると「長く眠った」ように感じ、浅い眠りの時に起きると「眠り足りない」と感じる。
冬、眠くなりやすい、体がだるいなどといった症状になるのは、クマが冬眠するのと同じメカニズム。
日照時間が大きくかかわっている。
 ⇒人工的に解決することが可能(LEDを使ってやるとか)
眠たいときは内部温度を下げようとして、体の表面から発熱する。
「汗をかく人」
睡眠が原因の疾患も、もしかしたら体温調節をすることにより改善することができるかもしれない。
朝方⇒几帳面、責任感が強い、仕事が安定だが、少し神経質
夜型⇒むらっけがあるが一度始めると没頭する

2017年6月26日 ~p55 7章の終わりまで

昼夜の環境変化を認識できるのは24時間周期の体内時計を持っているから。
時計の役割をするたんぱく質の生成から減少までの一連の化学反応の周期が24時間であることがこのメカニズム。
自分が朝方、夜型のどちらかなのはこのたんぱく質の生成度合いによって異なる。
皮膚細胞を培養することによって自分の睡眠学的性質を知ることもできる。
体内時計の時刻リセットは光が行っている。光の刺激は後頭葉に行くものと、体内時計のある視床下部に流れるものがある。意識しなくても光刺激を体内時計に伝えることが可能になっている。
体内時計は青い光のほうが強く反応する。
 ⇒電車のホームの下で光っているブルーライトも自殺防止のほか、このような理由から設置されているのだろうか?それともこのメカニズムこそが自殺防止につながるのか??
食事をとっていようがとっていまいが、昼に眠くなってしまうというのは共通のようだ。
生物学的に一番気温の高いときに動くことによるエネルギー消費を抑えることが目的。
ナルコレプシー:過眠症。良く寝たにもかかわらず、眠気が襲ってくる。薬物治療が一般的。
眠くなるのはやる気の問題ではない。健康問題として第一にとらえるべき。
短く、浅い昼寝によって昼間の眠気を改善することができる。
どのような時間にも眠ることができる人のほうがフレキシビリティが高い。
1時間以上の昼寝の習慣を持っていた人はアルツハイマーになりにくいという実験結果が出ている。