読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マエカワの備忘録的な何か

思い立ったが吉日

メディアネットワーク 其の一 20170426

自分はこの講義をとる予定はないのですが、興味はあるのでスライド資料だけもらっていきます。

 

最初のネットワーク

 ・TSS(Time Sharing System):一台のコンピュータを複数人でシェアする

 ・Internet:IPアドレスに準拠、LANをつなぐネットワーク、4つのプロトコルに準拠

 ・プロトコル(セキュリティにとっては肝心要)

   ⇒複数で仕事をするときの取り決め(電話、手紙、入試問題作成などにもプロトコルはある。別にネットワーク専門用語というわけではない)

 ・ネットワークは最終的に「複数で賢く動作するネットワーク」を目指している


f:id:maekawa_yoshimiki_1119:20170428151707j:image
f:id:maekawa_yoshimiki_1119:20170428151734j:image

 

インターネットの4つの層について(要コンピュータネットワーク)

 IPプロトコル(Internet層)

  ・IPアドレスを取得(IPアドレス送信先のマシンを特定するためのアドレス)

  ・ルーティング(データの伝送路を選ぶ)

  ・パケット通信でデータを送る(データを小分け(パケット)にして運ぶことで軽くする)

 

 TCPプロトコル(Transport層)

  ・プロセスを指定する(ポート番号指定)

  ・データを誤りなく届ける(データ制御、再送処理、重複処理、フロー制御など)

   ⇒プロセスとプロセスをつなぐ

 

 Application層

  ・DNSを使ってIPプロトコルを人間にわかりやすく変換する

   ⇒IPアドレスをURLに変換

  ・送受信の方法

    -ユーザーがURL指定

    -ウェブサーバがページのデータを送る

    -ウェブクライアントがウェブページを表示

 

 Network Interface層

  ・ARP:隣のマシンとの電気信号の受け渡し

 

 web通信の例f:id:maekawa_yoshimiki_1119:20170428151743j:image

  ⇒TCP正確に通信するために必要なもの

  ⇒UDP通信速度に重きを置くことによって、主に電話で使用されているプロセス

 

 ⇒こんな風にパターン化させてしまうと通信の仕組みを簡単にできる。現に、IP以下の層はほとんどがこのように作られている。

 

 web閲覧時

  ①ブラウザにURL入力→DNSによりIPアドレスに変換される

  ②サーバに通信

  ③TCPプロトコルによって通信の信頼性を確保

  ④HTTPプロトコルで特定のデータの送受信

   ⇒HTTPプロトコルの主要なものは、データを要求するGET、応答しデータを渡す200、400、閲覧者からの情報をサーバーに取り込むPOSTなどがある