マエカワの備忘録的な何か

思い立ったが吉日

3年科目

オペレーティングシステム 其の十二 20170712

ファイルシステム 2次記憶:データをためておくための装置メモリ→小容量高速 2次記憶→大容量低速トレードオフの関係になっている

オペレーティングシステム 其の十一 20170705

効率化のためのテクニック プロセス間のページ共有 多量のプロセスから使われるファイルがある(例えばlibcとか) →それぞれをプロセスごとに入れていてはメモリの無駄になる. →実態は一つで、プロセス間で共有できればうれしい しかし、メモリは分離だった…

オペレーティングシステム 其の十 20170628

仮想記憶 メモリには揮発性(RAM)と不揮発性(ROM)がある. メモリは大きく分けて、コード、データ、ヒープ、スタック領域に分かれている メモリの抽象化 アドレス変換について CPUから仮想アドレスを取得し、それを変換表で物理アドレスに変換するという…

オペレーティングシステム 其の九 20170621

相互排除についてもう少し詳しく ロックの見直し ロックは①ロックされているかの確認、②ロックをかけるための値を書く.この二つをアトミックに処理する必要がある. ビジーループをかけるスピンロックについてもやったが、これだと長い処理の時CPUの無駄遣…

オペレーティングシステム 其の八 20170614

並行プログラミング 並行でないプログラミングのことを逐次プログラミングという. →処理の流れが一つしかない.通常のプログラミング言語はこっちのほうを想定している. 並行にして何がいいのか ・ブロック状態にあるプロセスを別の処理の流れで出来たらう…

オペレーティングシステム 其の七 20170607

CPUスケジューリング 簡単に言うと、仕事に優先度をつけ、やる順番をつけて実行するということ.これをCPUがやるってだけ. プロセスの選び方を理解するためにはプロセスの性質を理解する必要がある. ・CPU-boundプロセス →CPUをたくさん要求する.数値計算…

オペレーティングシステム 其の六 20170531

スレッドについて(スレッドとはプロセス内の処理の流れ) 写真を挿入 ブロックされると困ってしまうプログラムがある場合、スレッドという概念が力を発揮する. 困ってしまう例① ユーザーの入力待ちの間、アニメーションが止まってしまう. →この場合、入力…

情報通信システム 其の十一 20170629

(7,4)ハミング符号の続き、いきます. こんな規則で検査記号が付加されることを思い出しとく. シンドローム 上の式を右辺を0にするように変形しましょう. とかとかややこしいので、全部でおいてしまいましょう.

情報通信システム 其の十 20170621

いきなり定理から入っていきます. 定理4.1 通信路符号化定理 通信路容量があり、この時であれば任意の正定数に関して にすることができる情報速度の符号が存在.大数の法則から証明できるものだが、完全にわかっていないので割愛.後で更新いたします.とい…

情報通信システム 其の九 20170615

加法二元通信路の通信路容量 前回紹介した誤り源からの信号と入力信号との排他的論理和を出力信号にするという通信路モデルにおける通信路容量を考えていきます. 結論から言うと になります. ではその証明を… こんな感じに式変形ができます.ここで、の最…

プログラミング言語演習 scheme編

リストを表示するのはこれまでの言語では[]だったが、schemeでは()を用いていく.空白を用いてデータの区分けをする. iEDのターミナル上の応答型エディタではhistoryや方向キーが対応しないため、少し入力しずらい。 1.リストの先頭に要素を足す >'(2 3) (2…

情報通信システム 其の八 20170608

通信路符号化に入っていきます 通信の途中でノイズがはいいてくることを前提としている. ⇒これがなかったら送った信号を相手が100%正しく復号できてしまう.通信路符号化をやる意義がなくなってしまう.ということで、通信路符号化によって信頼性を保証し…

情報通信システム 其の七 20170601

結合エントロピー との結合確立をとするとき、との結合エントロピーは で表される.これは、とが同時に生起したときに得られる情報量. また、 が成立する.とが独立しているとき、等号. 条件付きエントロピー が生起したときが生起する確率をとすると、が…

インタラクティブシステム論 其の四 20170518

コンボリューション 出力を周波数領域ではなくて、時間領域でしたい!! ということで…を時間領域に直してやる. 出てきたこいつをコンボリューション(重畳積分)という.また、コンボリューションは で表し、演算子は"". つまり、フーリエ変換して伝達関数を…

社会情報論 其の八 20170605

環境問題 一番ネックになってくるのは責任倫理 最近、パリ協定からアメリカが離脱. ⇒フランスや各国が避難している. 情報化の影響で環境問題へのアプローチも変化してきている. ⇒この環境問題こそがリスクコミュニケーションの始まり.日本ではダイオキシ…

メディア分析法 其の八 20170612

オノマトペ これまで、人の感性を測るためにSD法を用いてきた ⇒あらかじめ決められたものに関してしか評価できない.そもそも人は分析的に評価することができるのか? ⇒必ずと言っていいほど自分の主観が入ってしまうため こんな背景から、感性の測定法とし…

メディア分析法 其の七 20170605

共感覚能力とメディアデザイン テキストの色と心理的効果の関連性 例えば、教科書にマーカーを付けて覚えるなど、色付けすることによって何らかの効果があることは日常生活からもわかる. この色付けをテキストのイメージから自動的にできればいいのではない…

人間工学 其の五 20170523

更新が遅れていますが、何卒ご容赦を…。 視覚についてもうちょっと 視野:視軸をもとにして見える範囲のこと 聴覚について 20Hz~20kHzまで対応している 耳の蝸牛内の基底膜で周波数分析をする. ⇒人間知らず知らずのうちにフーリエ級数展開しているというこ…

コミュニケーション論 其の五 20170518

最初は今回と関係ない話(ちょっと関係ある) 数分間、東日本大震災直後のACのコマーシャルを見た. 報道ステーションのトピック「原発、私はこう思う」 養老孟司さんが出演していた回を見た.ここで養老さんは、「原発問題には中間の意見がない.(エネルギー…

情報通信システム 其の六 20170525

今回は情報源符号化定理の小テスト&情報量についてのお話情報量というものを定義するにあたって、確率を用いる. ⇒の情報量はの生起確率に依存する.つまり、 また、次のような性質を持つことが求められる ①は単調減少でが小さいほど情報量は大きくなる ②情…

社会情報論 其の七 20170529

ボランティア活動について 情報化が進むにつれて、現地に行くのみならずボランティア活動することができるようになった. そもそもボランティアはどこから始まったのか 十字軍:エルサレム奪取のために集められた志願兵のこと.この志願兵こそ、ボランティア…

社会情報論 其の六 20170522

情報格差と情報セキュリティ デジタルデバイド 2000年時点で、情報弱者やデジタルデバイドの問題が挙げられていた. 今ではスマホが主流.スマホユーザとガラケーユーザの間でもデジタルデバイドが存在するといえるだろう. ⇒有識者や講演会を開いて、町単位…

社会情報論 其の五 20170515

市民参加・地方創生(ICT利用) 人口減少による諸問題 東京でも人口減少があるところがある.西に行くほど人口が減る.東京ですらそうなんだから、地方になるともっと深刻な問題. 人口減少により、バスの運行がストップしてしまう. ⇒移動手段を持っていない…

社会情報論 其の四 20170508

GISについて そもそもGISってなんぞや GIS(Geographic Information System)とは位置空間情報を重ね合わせ、解析分析していくシステムのこと.位置空間についての情報をVR、ARのようなものに落とし込むことも可能.また、この位置空間情報を分析していくこと…

メディア分析法 其の六 20170529

知識写像を利用したメディアについて 脳の中の知識ネットワーク(semantic network)は類似性と頻度で組織化されていく. ⇒経験することにより痕跡(トレース)が残る. 痕跡が蓄積されることによって成功のイメージが具体的に現れ、そのプロトタイプ(成功するイ…

コミュニケーション論 其の四 20170511

辞書についてもう少し 話が通じないことを共役不可能性と専門的に呼んだりする. ⇒同じ言葉でも人によってその意味はそれぞれでは、その「意味」はどこからやってくるのか ⇒その人間を取り巻くネットワークによって形作られる.しかし、このネットワークも日…

メディア分析法 其の五 20170522

知識調査法について 今となっては、ごく自然に個人の発信した情報をビッグデータとして企業にとられている. 日本のAI事情は遅れながらも企業が焦って頑張っている. 研究について twitterの解析からエリアマーケティングにつなげていく.これは出店する際な…

情報通信システム 其の五 20170518

記憶のある情報源について これまで扱ってきたのはすべて記憶のない、独立した情報源集合.ここからは過去の状態に従属している情報源集合の扱い方について書いていく. 重マルコフ情報源 任意の時点での生起確率が直前個の出力に依存して決まる情報源 状態…

情報通信システム 其の四 20170511

前回出てきた平均符号長の限界値であるエントロピー.なぜそうなるのかの証明. 命題平均符号長は まで短くすることができる. 補助定理2.2 を満たすとき、 が成立.等号は 証明(補助定理2.2) 指数関数のマクローリン展開から得られると低の変換公式より よ…

オペレーティングシステム 其の五 20170517

システムコールについて少し プロセス切り替え:タイマー割り込みで切り替えを行う. この時の割り込みハンドラの役割は退避実行プロセスの決定復帰の3種類. スケジューリングのイメージ これについては図で説明したほうがわかりやすい.下の図の説明として…

人間工学 其の四 20170516

末梢神経系 中枢と体をつなげるもので、二つの分類をすることができる. 体性神経 ・反射弓 ・運動神経:錐体路、錐体外路、反射弓のインパルスを最終的に受け取るところ 自律神経(遠心性) ・交感神経と副交感神経 ex)心拍数や発汗作用に影響が出てくる.時…

メディア分析法 其の四 20170515

自然言語処理についてのお話 コンピュータによる言語処理で、主に二種類のとらえ方ができる 言語理解・言語解析:言葉の意味をビット列に 言語生成:例えば、歌詞作成AIなど.適切に言語を表現 今回は1についてのお話. 言語理解には主に四つのスケールがあ…

情報と法規 其の四 20170512

これはaufhrben??? 講義前、NFCについて話すといっていたが、TISANDO musicのCMを最初に見た TOSANDO music CM 披露宴編 full ええ話だ…。 思わずジーンときてしまうようなプロモーション映像だが、今回はこの中に弁証法的な運動を見つけ出せ、というもの…

オペレーティングシステム 其の四 20170510

指定教科書で言うとp18~p28、p36~p39あたりだそうです. マルチタスク プロセスを高速で切り替えることにより同時に複数のプロセスを実行しているように見せる.また、このことを「平行に実行する」といい、通常並列でないものを並列のように実行させること…

人間工学 其の三 20170509

新皮質のお話は知覚領(中心溝の後ろ側)へ 知覚領 ・感覚がまず届くところ ・皮膚感覚の機能局在 ⇒運動領の機能局在とよく似たところに分布している ⇒胴から下にはあまり機能はない.上半身に集中して局在している. 連合領 ・運動領、知覚領以外のところをま…

社会情報論 其の三 20170501

・高度情報ネットワーク化 2000年前半に日本では起こった. 韓国ではもうちょっと前の時代に起こっている. フィンランドではソ連崩壊で経済的危機に陥ったことで発生.情報化でその危機を乗り切る.例としては携帯メーカーとして知られるノキア.もともとは…

メディア分析法 其の三 20170501

眼球測定法の続き 前回、「注目」と「印象」をパラメータとして広告効果を実験によって導いたが、今回はそれに加え「読みやすさ」「利便性」の観点からも広告効果について考えていくものとする。 実験によって、利便性が高かった広告配置は下部・右横配置と…

情報と法規 其の三 20170428

これだけは知っておく「議論の形式」 相手に説得される力がなければ説得することはできない。 議論できない人の特徴 ⇒一元論、二元論だけで多元弁証法を使わない(目先のことだけを考えている)。 ⇒twitterでの炎上によくあるパターンは「強い言葉を使いすぎ」…

情報通信システム 其の三 20170427

命題「ハフマン符号化法によりコンパクト符号になる(2元)」の証明 まず補助定理を証明して本筋に適用する ・コンパクト符号の符号の木の性質 ①根から最も遠い位置にある葉は二つある ②この二つの葉に生起確率の小さいものから二つが割り当てられている ①の証…

インタラクティブシステム論 其の三 20170427

パワースペクトルについて フーリエ変換は で表され、オイラーの公式より と変形できる。この変形をω=-ωの時もやってやると となり、F(ω)の共役複素数であることがわかる。つまり である。この数値こそパワースペクトルであり、上式からもパワースペクトルは…

コミュニケーション論 其の三 20170427

外国語 →日本人はLとRを聞き分けることが苦手 ⇒だんだん外国語がわかるようになるのではなく、ある境から音が言葉になる瞬間がある(突発的に一気に到来) 辞書といわれると、3種類考えられる ①心的辞書:言葉を言葉として理解できるのは心の中にある辞書を参…

オペレーティングシステム 其の三 20170426

DMA(Direct Memory Access) どっさりデータを扱うデバイスがほしくなる時がある →このやり取りはメモリとハードディスク間で行われ、2種類の方法がある ①プログラムI/O方式 CPUを介してメモリとハードディスクのデータ伝送をする →CPUが忙しくなってほかのこ…

メディアネットワーク 其の一 20170426

自分はこの講義をとる予定はないのですが、興味はあるのでスライド資料だけもらっていきます。 最初のネットワーク ・TSS(Time Sharing System):一台のコンピュータを複数人でシェアする ・Internet:IPアドレスに準拠、LANをつなぐネットワーク、4つのプロ…

人間工学 其の二 20170425

中枢神経:人間工学を学ぶためには、まずこれについて理解するべき ⇒いろいろなところをうまーく動かしている →外界とのやり取り(感覚器、運動器) →ホメオスタシス(内臓器官の統合) 神経単位(ニューロン):イオン透過性を変えることにより軸索に電気信号を伝…

社会情報論 其の二 20170424

2001年:IT基本法 情報インフラの普及率 阪神淡路大震災から徐々に普及し始める →PCでインターネットが使えるようになった頃、docomoのi-modeなど →今ではスマホは単なる通信手段ではない 2001年あたりではすでに今と同じくらいの普及率になっている 疑問:…

メディアリテラシー 其の一 20170424

映画の弁証法 エイゼンシュタイン(露) モンタージュの理論 ⇒関係のないカットを二つ組み合わせて新しい意味を持たせる ⇒対立させることによって新しいものに昇華させる 写真は文脈によっては効果絶大 ①時間、レンズ、フレーミング、構図(写真を撮る前) ②ノイ…

メディア分析法 其の二 20170424

眼球運動測定法 ①ウェブ上では左上から見られやすい ⇒これを考慮に入れて広告は作られるべき ②目立ちすぎると見られない ⇒記事と調和させることによりみられる広告を作る ③記事の内部に広告が埋め込まれていると見られやすい ⇒しかし、右側、上側配置が今で…

ヴィジュアル情報処理 其の二 20170421

processingの使い方 javaベースなので結構直感的な操作が可能になっている。 下にこの回で使われたコマンドを書いていく ・size(a,b)→幅b、高さaのウィンドウを設定 ・background()→()内にカラーコードを書くことにより背景色の設定 ・noStroke()→フチなしに…

情報と法規 其の二 20170421

弁証法 世の中にはどちらの主張も合理的で善悪をつけることができない問題が存在する ⇒このような対立はなかなか収束せず、泥沼と化すことが多い こんな問題に対して友好的な考え方が、その名も弁証法!!! 弁証法とは、究極のどんぶり勘定、妥協の産物などと…

インタラクティブシステム論 其の二 20170420

フーリエ変換 人間自体、体の中(内耳の蝸牛管)でフーリエ変換をしている ⇒音は耳の奥の時点で空間情報に変換されている(周波数分解されている) ⇒ちなみに触覚も、皮膚に触れた瞬間に別次元の情報に変化されて脳に送られている 物理現象の多くは線形な微分方…